腎不全の末期症状になると、体に害を与える老廃物を取り除くために、透析療法を行います。

人工透析とは

 

腎不全になると、腎臓の働きが不十分になっているため、本来排出される老廃物が体にたまります。
末期症状になると、体に害を与える老廃物を取り除くために、透析療法が必要となります。

 

 

人工透析とは

腎不全の末期症状で、無尿期間が2~3日等で、腎臓の働きが本来の10%以下になると、水分や、老廃物の排出が困難となります。

 

そのような場合に、人工的に血液の浄化を行う事を人工透析と言います。
人工透析では不足している物質(カルシウム、アルカリ化薬)を補うこともおこなわれます。

 

 

人工透析には2種類の方法があります。

 

 

血液透析

血液透析器(ダイアライザー)を通して、血液を体内から取出し、血液中の老廃物などを取り除き、その後血液を体内に戻すという方法です。

 

動脈と静脈をつなぎ合わせ、血液の取り出し口を作る手術が必要です。

 

血液透析は1回あたり4~5時間の治療を週に2~3回程度行います。
血液透析は1~2日おきになるため、水分、塩分、カリウムの摂取には注意が必要となります。

 

 

 

腹膜透析

患者さんのおなかの腹膜を透析膜として利用する方法です。

 

おなかの中に透析液を入れて、体内で浄化します。
腹部にカテーテルという、細いチューブを埋め込む手術をします。
腹膜透析は、日中数回(1回約30分)透析液を交換して治療をします。

 

腹膜透析は、残っている腎機能を長く保ち、透析前とあまり変わらない生活も可能で、自動腹膜透析の場合には、就寝中に透析を行うため、通勤、通学といったリズムも変えることなく行うことができます。

 

腹膜透析の透析液には、糖分が含まれているため、エネルギーの摂りすぎに注意が必要です。

 

 

 

 

血液透析、腹膜透析のどちらを選ぶのか?

疑問を持つクマ

腎臓病の治療では、まず食事療法や薬物療法を行い、病状や体調、ライフスタイルに合う治療法を行います。

 

腎臓の機能が体のバランスを保てなくなってきた場合には、腹膜透析を開始します。
その後、血液透析の併用から、血液透析へと移行します。

 

腹膜透析は、腹膜の働きが弱くなると、続けることができないため、個人差はありますが、いずれは血液透析へと移行する必要があります。