腎不全以外の腎臓病について

腎臓の病気

 

腎臓の病気の多くは糸球体から始まると考えられています。
たとえばIgA腎症、膜性腎症など、糸球体に生じた組織変化で病名がつけられているものが多いのです。
しかし病気が進行すると間質の変化も大きくなっていき、さらに進行すると糸球体に起こった元の病気が何だったかわからないないようになります。

 

病気の始まりは糸球体だとしても、間質の変化もすぐに始まり、糸球体と間質の両方の変化で病気が進行していくと思われます。
腎臓は大変な仕事をしていますが、寡黙で控えめな臓器で、持ち主にその存在を意識されることがまずありません。
病気になってもほとんど症状がなく、腎臓のある高さの背中側に痛みが生じるのは腎盂腎炎という腎臓の感染症による痛みは腎臓を包んでいる繊維筋膜が緊張するために生じ、鈍い痛みで、背中を拳で叩くと痛みが更に増します。
腎結石による疝痛は、人間が経験するもっとも強い痛みといわれ、痛みのために顔面は蒼白くなり、血圧が下がり、立っていられず床を転げ回るほどのことがあります。
浮腫は腎臓病の代表的な症状と、一般に思われています。
一晩で生じるような、強い全身の浮腫は微小変化群ネフローゼという腎臓病による典型的な浮腫ですが、これはそう多く見かけるものではありません。
外来での浮腫で一番多いものは女性のみにみられる今なお原因不明な特発性浮腫で、二番めが心臓のポンプ作用が衰えた心不全によるもの、腎臓病によるものは三番めです。