腎臓の仕組みと重要性

腎臓の仕組み

 

腎臓の表面の色はチョコレート色です。
これは腎臓が、心臓から一分間に拍出される血液量である心拍出量の四分の一という大量の血液を受け入れる、血液に富んだ臓器であるためです。
腎臓を縦割りにすると真ん中に尿を集める腎盂があり、そこへ向かって約10個の突起が出ています。
この突起は腎錐体、腎乳頭からなります。
錐体とは、ピラミッドのことです。腎錐体に腎盂にむかう線状の走行が見えますが、
これは尿細管とそれをとりまく血管の束です。
腎臓の皮質をよく見ると、点状に見える糸球体があります。糸球体は血管が糸まり状に丸まった構造で直径は0.2ミリ、1つの腎臓に100万~150万個あります。

 

糸球体を源として尿細管が腎盂に向かって伸び腎乳頭に達しています。
尿細管には毛細血管がからみつき、尿細管で行われる糸球体濾過液の再吸収の結果生じた大量の液を受けとり、全身の循環系に戻す役目をしています。

 

 

腎臓の働き、それは両方の腎臓に1分間に500ミリリットルの血液を流れ込ませる働きをしています。これは心拍出量の4分の1の量です。
腎臓の重量は体重の300分の1ですから、重量当たりでみていかに多くの血液が流れ込んでいるかがわかります。
血液の多さは、腎臓がそれだけ大切な働きをしていることを意味します。

 

腎臓の働きについてもっと詳しく>>